ニュース:
メンロセキュリティがGoogleとの戦略的パートナーシップを発表
Icon Rounded Closed - BRIX Templates
プレスリリース

Menlo Securityが業界初のAIを活用したフィッシングとランサムウェア対策でブラウザセキュリティを再定義

Menlo SecurityのIsolation Core™ を搭載したHEAT ShieldとHEAT Visibilityは、企業ネットワークへの攻撃を防ぎ、高度に回避しやすい脅威を軽減するための豊富で実用的なインテリジェンスを提供します

カリフォルニア州マウンテンビュー、2023年8月1日 — メンロセキュリティ株式会社(「メンロセキュリティ」)ブラウザセキュリティのリーダーであるは本日、HEAT Shield™ とHEAT Visibility™ を発表しました。HEAT Shield とHEAT Visibility は、ウェブブラウザを介してユーザーを標的とする回避性の高い脅威を検出してブロックするように設計された、業界初の脅威防止機能スイートです。

Menlo Security HEAT Shield™ は、企業ネットワークに侵入する前にフィッシング攻撃を検出してブロックします。アクセスされたリンクがユーザーの認証情報を盗むように設計されたフィッシングサイトかどうかをリアルタイムで正確に判断するために、コンピュータービジョンとURLリスクスコアリング、ウェブページ要素の分析を組み合わせた新しいAIベースの手法を採用しています。それと並行して、HEAT Visibilityはウェブトラフィックの継続的な分析を行い、回避性の高い攻撃の存在を特定するAI/MLを活用した分類器を適用します。これにより、セキュリティチームはタイムリーで実用的なアラートを送信できるため、企業ユーザーを標的にする可能性のある、回避率の高い脅威に対して、セキュリティチームは平均検出時間 (MTTD) と平均対応時間 (MTTR) を大幅に短縮できます。

JPモルガン・チェース・アセット・アンド・ウェルス・マネジメントの最高情報責任者であるマイケル・ウルシウオーリは、「脅威アクターがフィッシングやマルウェア攻撃の展開方法を進化させるにつれて、回避率の高い脅威が増えています」と述べています。「HEAT Shieldを含むMenlo Securityのブラウザセキュリティソリューションのようなツールは、世界のトップ金融機関、政府、大手企業のサイバー脅威ベクトルとの闘いに役立ちます。」

Menlo Security HEAT ShieldとHEAT Visibilityは、年間4,000億を超えるウェブセッションを監視および分析するMenlo SecurityのクラウドベースのIsolation Core™ 上に構築されています。Secure Web Gateway、ファイアウォール、エンドポイントセキュリティ、EDR ソリューションなどの一般的に導入されているセキュリティインフラストラクチャは、ブラウザ内で発生するアクションを認識できず、回避性の高い脅威を含むウェブベースの攻撃に対抗するには不十分です。Heat Shield は Isolation Core を活用して動的なセキュリティポリシーを強化し、Web セッションのイベントや動作に基づいてユーザーに適用することで、攻撃者がエンドポイントにアクセスするのを防ぎます。エンドユーザーエクスペリエンスに影響を与えることなく、潜在的な脅威から個人を保護できます。

Remedi SeniorCareの情報セキュリティ担当ディレクター、グレッグ・パストールは次のように述べています。「ウェブブラウザを標的とする新たな攻撃や脅威からネットワークを保護する必要があることはわかっています。「脅威アクターの間では、回避性の高い脅威が懸念され、増加の一途をたどっています。HEAT Shieldのようなソリューションは、たとえゼロアワーであってもこれらの攻撃を動的にブロックし、エンドポイントを安全に保つことができます。」

HEAT Attack™ ダッシュボードにより、お客様は詳細な脅威インテリジェンスを受け取り、それを既存のSIEMまたはSOCプラットフォームに統合できます。一方、SOCチームに送信されるHEATアラートは、脅威をリアルタイムで可視化して、既存の脅威インテリジェンスソースを強化し、インシデント対応能力を強化および加速します。

Menlo Securityの製品管理担当バイスプレジデントであるニック・エドワーズ氏は、「攻撃者はウェブブラウザに大きな打撃を与えています。今や、私たちが仕事の大半を過ごす新しいデスクトップとなっています。従来のセキュリティベンダーは、ネットワークセキュリティとエンドポイントツールを駆使してユーザーの安全を守ろうとして昨日の戦争と戦っていますが、うまくいきません。本日導入する機能は、安全でシームレスなブラウジング体験を実現し、お客様がインターネットを安全に使用できるようにするという当社の使命に向けた大きな飛躍を示すものです。」

Menlo Securityは、世界中の大規模かつ最もセキュリティ意識の高い組織の多くから、年間40億件を超えるファイルを分離しています。脅威アクターは日々技術を磨き、ウェブブラウザを通じて被害者を標的にする斬新で革新的な方法を開発しています。多くの場合、一般に導入されているセキュリティツールに対して攻撃をテストしてから実際に攻撃を開始しています。「この知識と、業界をリードするブラウザセキュリティ製品を10年かけて開発してきたことを武器に、HEAT 攻撃を検出してブロックするように設計された業界初の脅威防止機能一式を提供できたことを誇りに思います」とエドワーズは続けます。

現在、ヒートシールドとヒートビジビリティはどちらもメンロセキュリティのグローバルネットワークで一般的に利用可能です。

「Menlo SecurityのHEAT Shield製品により、毎日回避率の高い脅威にさらされているクライアントに、信頼性の高い予防的セキュリティを提供できます」と、Tevoraのセールスイースト担当副社長であるJamie Grayは言います。「Web ブラウザーの脅威は、頻度と巧妙さの両方で増加しています。そのため、企業が注意をそらすのではなく、支援するテクノロジーを用意することが重要です。Menlo Securityのヒートシールドは、お客様に変化をもたらすでしょう。」

Menlo Securityのヒートシールドの詳細については、www.menlosecurity.com/heatshieldをご覧ください。

Menlo SecurityのHEAT Visibilityの詳細については、www.menlosecurity.com/heatvisibilityをご覧ください。

メンロセキュリティについて

Menlo Securityは、ウェブ、ドキュメント、および電子メールからマルウェアの脅威を排除することにより、組織をサイバー攻撃から保護します。Menlo Securityの特許取得済みのIsolation搭載クラウドセキュリティプラットフォームは、エンドポイントソフトウェアを必要とせず、エンドユーザーエクスペリエンスに影響を与えずに、あらゆる規模の企業を包括的に保護できるように拡張できます。Menlo Securityは、フォーチュン500企業、大手グローバル金融サービス機関10社のうち8社、大規模な政府機関など、主要なグローバル企業から信頼されています。同社はビスタ・エクイティ・パートナーズ、ニューバーガー・バーマン、ジェネラル・カタリスト、アメリカン・エキスプレス・ベンチャーズ、エリクソン・ベンチャーズ、HSBC、JPモルガン・チェースに支えられています。Menlo Securityはカリフォルニア州マウンテンビューに本社を置いています。詳細については、以下をご覧ください。 www.menlosecurity.com