banner-blog.jpg

BLOG

Blog-Hero.jpg

Menlo Security、「ガートナーセキュアWebゲートウェイについてのマジッククアドラント」で3年連続「ビジョナリー」の評価を獲得

このレポートは、オンプレミスからクラウドへの移行、そしてセキュリティ機能のSWGプラットフォームアーキテクチャへの統合が正しい選択であることを実証するものと考えることができます。

ガートナーセキュアWebゲートウェイについてのマジッククアドラントが発表され、Menlo Securityは3年連続で「ビジョナリー」の評価を獲得しました。「ビジョンの完全性」においてさらに右方向に移動し、「実行能力」においてさらに上方向に移動したため、現在は「リーダー」のクアドラントの境界に位置しています。

 

Menlo Security Cloud PlatformはWebとメールのすべての脅威を排除できると評価され、アプリケーションとインフラをクラウドに移行することで、デバイス、ユーザー、アプリの場所、ネットワークにかかわらず、高速で安全な接続を提供することを計画する組織にとって信頼できる選択肢とされています。

 

Menlo Securityが評価された理由

Isolation Core™:Menlo Securityはサイバーセキュリティに対してアイソレーションをデフォルトとするアプローチを採用しています。Webとメールのすべてのトラフィックはクラウドのリモートブラウザーで自動的にアイソレーションされ、エンドポイントデバイスへのアクセスが遮断されます。ユーザーによるコンテンツのダウンロードがポリシーで許可されている場合は、例外が作成され、Webページ、メール、添付ファイル、またはドキュメントはサンドボックスで開かれるか、読み取り専用モードでユーザーのブラウザに表示されます。これにより、ユーザーの生産性に影響を与えることなく、すべてのマルウェアが排除されます。

 

アイソレーションとプロキシ機能:Menlo Security Cloud Platformは、アイソレーションとプライベートアクセス、Cloud Access Security Broker (CASB)、クラウドファイアウォールといった主要なクラウドプロキシ機能を組み合わせ、脅威に包括的に対応できるレガシーなプロキシベースの機能を提供します。これらのテクノロジーにより、分散したユーザーに対して必要に応じてデータセンターのアプリケーションへの継続的なアクセスを、リスクを抑えつつ提供できます。

 

大規模なクラウド:Menlo Securityは、SASEの展開に必要な大規模なスケーラビリティを提供できる数少ないSWGプロバイダーの1つです。弊社のグローバルなクラウドネイティブアーキテクチャは、セキュリティとスループットを弾力的かつ自動的に拡張できるため、グローバルのユーザー、デバイス、アプリケーションの増加にオンデマンドでシームレスに対応できます。実際、米国国防情報システム局(DISA)との契約で米国国防総省の350万人のユーザーへの導入展開を手掛けており、これまでにも30,000ユーザー以上の大規模な導入展開を1日で問題なく終えた実績もあります。

 

あらゆる規模の企業がテレワークを導入し、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)に移行するようになり、フィッシングやランサムウェアなどの新しい脅威に対抗するためにセキュリティの再構築が進んでいます。


従来の「検知と対応」のアプローチでは、ユーザーや企業が必要とするセキュリティを提供できません。Menlo Securityは、安全でシームレスで効果的なインターネットの利用を実現することを使命としています。Menlo Security Cloud SWGは、クラウドセキュリティの可能性を実現する独自のIsolation Core™ に構築された拡張可能なセキュリティプラットフォームです。

  

2020年「ガートナーセキュアWebゲートウェイ(SWG)についてのマジッククアドラント」をダウンロードして、ユーザーの安全なインターネットアクセスを実現するMenlo Securityが評価された理由をご覧ください。

Tags: isolation, web isolation, SWG, SASE, CASB, secure web gateway, Menlo Security, Gartner MQ, ZTPA, Gartner Magic Quadrant, Menlo