ニュース:
メンロセキュリティがGoogleとの戦略的パートナーシップを発表
Icon Rounded Closed - BRIX Templates

2021年の政府および防衛機関のレジリエンス構築

|

過去12か月は、世界中のセキュリティ専門家にとって困難な年でした。しかし、パンデミックの影響を強く受けたこの1年間に、ますます激しさを増すサイバー脅威と闘っている政府機関や防衛機関にとっては特に、多くの人が打撃を受け、傷ついています。

サイバー犯罪者が「パンデミックの恐れ」を悪用してCOVID関連のフィッシング攻撃や詐欺を仕掛け続けているため、今年も同様に厳しい年となるでしょう。米国では、最近のサイバー攻撃による政府機関や企業への全面的な影響はいまだに感じられています。ジョー・バイデン大統領は、「優れた防御だけでは不十分」であり、「そもそも攻撃者が重大なサイバー攻撃を行うのを妨害し、阻止する必要がある」と述べています。

もちろん彼は正しい。政府機関や重要インフラ組織は、攻撃を受けても常に反抗的な姿勢を保ち、サイバーセキュリティに対してより妥協のないアプローチをとらなければなりません。降伏の白旗を掲げる言い訳はありません!これらの攻撃は、国が後援するかどうかにかかわらず、サイバー現状を維持することの限界と、サイバーリスクの危険信号に対してまったく異なるアプローチを取る必要性を浮き彫りにしています。

今月後半には、インタラクティブ形式で課題について話し合い、実践的なアドバイスを提供します。 ウェブセミナー 政府および防衛分野のサイバー実務者を対象とした「2021年のサイバーセキュリティレジリエンスの構築」をテーマに、重要インフラ保護のリーダーであるパートナーであるOPSWATと共同でMenloが主催しました。

このセッションでは、重要なインフラやパートナーやサプライヤーのエコシステムにおけるレジリエンスの構築と維持について、印象的な業界リーダーたちがそれぞれの経験を共有します。CB CBE DLのフィリップ・ジョーンズ中将がレジリエンスに関する独自の洞察を語り、NCSCのオペレーション担当ディレクターであるポール・チチェスターが「重要資産の保護 — 2021年に向けた資源の優先順位付け」について議論します。その他の招待講演者やトピックには以下が含まれます。

  • 安全なサイバーシェアリングの戦略 — Nteligen CTO兼共同創設者、ジョン・スパイサー
  • インフラリスクの危険信号の特定 — Menlo Threat Labs からの最新の洞察 — Menlo Security CTO Kowsik Guruswamy
  • 安全なコンテンツがオペレーショナル・レジリエンスの鍵となる理由 — バリア・ネットワークス MD兼創設者、イアン・マクゴーワン
  • 政府と防衛部門におけるメンロセキュリティとOPSWATへの旗振り — お客様事例— 原子力廃止措置局 (NDA) /セラフィールド株式会社
  • 隔離とディープ CDR によるリスクのフラグ付けと排除:デモンストレーション — Tom McVey、ソリューションアーキテクト、Menlo Security

オンラインセミナーの詳細:

Menlo Security

menlo security logo
linkedin logotwitter/x logofacebook logoSocial share icon via eMail