ワールドツアー:
Menloのセキュアエンタープライズブラウザがどのように攻撃者に先んじるかをライブで見てみましょう
Icon Rounded Closed - BRIX Templates
プレスリリース

Menlo Security、高柳 洋人を日本のカントリーマネージャーに任命

サイバーセキュリティを含む20年以上の経験を活かし、同役職に着任

東京、2023年3月8日(水) –  クラウドセキュリティのリーダー企業であるMenlo Security, Inc.  は、2月1日付で高柳洋人が日本のカントリーマネージャーとして着任したことを発表しました。高柳は、IT業界で20年以上の経験を持ち、複数のチームを構築およびリードし、パートナー各社と連携しながら、市場開拓戦略を実施・加速化し、顧客を獲得してきた実績があります。

高柳は、カントリーマネージャーとして、収益創出への取り組み、パートナー様とのビジネス発展を行います。また高柳は、Menlo  Securityが日本進出をした2015年に代理店である株式会社マクニカに在籍をしており、わずか1年でMenlo  Securityのビジネスを360%成長させた実績があります。

Menlo  SecurityのCEOであるアミール・ベン・エフレイムは次のように述べています。「高柳を日本担当のカントリーマネージャーとして任命したことは、当社の日本事業の成長への取り組みを示すものです。当社は、ターゲットとする分野で市場のリーチやパートナーシップを拡大する上で、彼に取り組みの加速化をサポートしてもらいます。また、彼が長年培った専門知識と日本市場に関する理解を活用することで、ランサムウェアやマルウェア、およびHEAT(Highly  Evasive Adaptive  Threat/高度に回避的で適応型の脅威)に対するMenloの革新的な保護を、お客様に適切に提供し、ビジネスを推進する事を確信しています。」

高柳は、Menlo Securityに入社する以前、Google  Cloud社に買収されたMandiant社で、アライアンスと戦略チームのリーダーを務め、既存のパートナーの拡大・成長の実現や新規パートナー獲得に取り組んできました。また、Amazon  Web  Services(AWS)社で、セキュリティ領域のテクノロジーパートナーのパートナーディベロップメントマネージャーを務め、20社以上のテクノロジーパートナーを担当し、パートナー各社と連携して、GTM(市場開拓)計画や共同販売活動を構築し、アライアンスを推進してきました。

高柳は次のようにコメントしています。「脅威の保護に対するビジネスニーズは、これまで以上に重要です。このニーズに応え、より多くの日本の企業にMenloのテクノロジーによるソリューションを提供できることを楽しみにしています。」

Menlo  Security

について

Menlo Securityは、Webやドキュメント、Eメールからマルウェアの脅威を無くし、企業や組織をサイバー攻撃から保護します。Menlo  Securityのクラウドセキュリティプラットフォームは特許取得済みのアイソレーション(分離・無害化)技術を利用しており、規模を問わずエンタープライズ全体を包括的に保護することが可能なだけでなく、エンドポイントソフトウェアが不要で、エンドユーザー環境にも影響を与えません。Menlo  Securityは、大手グローバル企業の信頼を得ており、これらには、Fortune 500企業、グローバル金融サービス機関の大手10社のうち8社や大規模な政府機関も含まれます。当社は、Vista  Equity Partners、Neuberger Berman、General Catalyst、American Express  Ventures、Ericsson Ventures、HSBC、JP Morgan Chaseから支援を受けています。Menlo  Securityの本社は、カリフォルニア州のMountain  Viewにあります。詳細は、www.menlosecurity.comをご覧ください。