Declared an innovator and leader for Secure Web Gateways (SWG) by Frost and Sullivan

Back to blog

SASEセキュリティ:企業はどこから手を付けるべきか

Share this article

今や、業務を行うためにリモートかつハイブリッドなモデルを使うのはあたりまえになりました。生産性を上げるために必要なプラットフォームやアプリケーションを利用するために、ユーザーがオフィスに通っていた時代はとうに過ぎ去ったのです。アプリケーションのワークロードは、ほとんどすべてがクラウドに移行しており、多くの企業は最新の業務環境がクラウドに健全に組み込まれていることを認識せざるを得なくなっています。

現代の分散型の従業員は、いつでも、どこからでもデジタルアプリケーションや資産にアクセスし、業務を行えることを望んでいます。これまでは、ネットワークとセキュリティのモデルでもこのニーズに応えることができましたが、今後それを保証するためには次世代のアーキテクチャが必要です。

多くの企業は、ネットワーク接続とセキュリティ機能をより緊密に融合させ、従業員の生産性を確実に保護し、業務を最適化することができるSecure Access Service Edge(SASE)アーキテクチャのメリットを教享受しようとしています。しかし、SASEに取り組み始めたばかりの企業は、どこから手をつければよいのでしょうか?

Dell’Oro GroupのリサーチディレクターであるMauricio Sanchezとの最近のディスカッションの中で、メンロ・セキュリティの共同設立者兼最高製品責任者のPoornima DeBolleがその質問に答えました。

以下は、インタビューの一部を抜粋して1分半程度に編集したビデオです。インタビューの完全版(29分)はこちらでご覧いただけます。完全版には、必要な部分のみ見ることができるよう、インデックスを付けてあります。

SASEについて、また段階的な導入の方法については、新しいインサイトとアドバイスが満載のESGホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。

Share this article

Menlo Securityに関するお問い合わせ

Menlo Securityの製品やソリューションなどに関するお問い合わせをご希望の場合は、フォームにご入力いただき、送信してください。
また、ご意見・ご要望などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。