banner-blog.jpg

BLOG

セキュリティのリーダーシップを強化するため1億ドルの資金を追加調達

新型コロナウイルス感染症によってビジネス界はテレワークの時代に突入し、規模や形態を問わずあらゆる企業が否応なしにテレワークに移行させられました。また、事業運営をシームレスに継続するために、ほぼ一夜のうちにユーザーとアプリケーションをクラウドに移行することも余儀なくされました。その結果、この新しい業務環境をセキュアにすることは、安全なオンライン体験を確保し、ビジネスを前進させるために必要不可欠となりました。

 

従来の「検知と対応」アプローチは過去20年にわたってサイバーセキュリティの投資の基盤となってきましたが、Webやメールからの脅威の猛攻撃から保護することはほとんど不可能になっています。

 

そうした中、Menlo Securityは最前線でお客様を全面的に支援し、可能な限り安全でシームレスなインターネット体験を提供し続けています。弊社の革新的なアプローチによって脅威が完全に分離されるため、ユーザーは円滑な事業運営に必要なリソースにアクセスできるだけでなく、絶え間ない脅威から解放されてビジネスに集中することができます。また、従来のVPNインフラストラクチャが新しいテレワークユーザーの急増に対応できないのに対し、Menloは高速で直接インターネットに接続できるため、VPNの消費とコストを削減しながら優れたユーザー操作性が実現します。

 

2012年の創業以来、弊社はお客様に安全でシームレスなインターネット接続を提供することを使命としています。その使命を遂行するため他社に先駆けてインターネットアイソレーションを採用し、そのアイソレーションを活用したクラウドセキュリティプラットフォームは現在では拡張が進み、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、データ漏洩防止(DLP)、サービスとしてのファイアウォール(FWaaS)、プライベートアクセスなどの幅広いセキュアWebゲートウェイ(SWG)機能が搭載され、世界の大手銀行10行のうち8行、大手クレジットカード会社5社のうち4社など、世界最大規模の政府や企業の多くに導入されています。

 

弊社は拡張と革新を続けるために、本日、Vista Equity Partnersが主導する投資ラウンドのシリーズEで1億ドルを調達することを発表しました。この新しい資金調達ラウンドにより、弊社の評価額はまもなく10億ドルになろうとしています。このリソース追加により、急増するSWGとセキュアアクセスサービスエッジ(SASE)のソリューションに対するニーズに対応できます。

 

Vista Equity Partners、Neuberger Berman、General Catalyst、JP Morganをはじめ、弊社とお付き合いのある投資会社のご支援には感謝しかありません。また、安全性に優れたゼロトラストのアプローチにより攻撃を阻止するアイソレーションを活用した弊社のクラウドセキュリティに揺るぎない信頼をお寄せくださったパートナーとお客様にも深く感謝しています。

 

弊社にとって、緊密なパートナーシップによってお客様に価値を提供できることは大きな誇りです。ここで、弊社の長年のお客様からのご意見をご紹介します。「当社は多層防御戦略にMenlo Securityを統合して大きな成功を経験しました。

 

Menlo Securityのアイソレーションテクノロジーによって、クライアントを攻撃する高度なWebベースの脅威からの保護に加え、ITリソースの生産性の大幅な向上も実現しました。新型コロナウイルス感染症のパンデミックの中でこのソリューションを統合したのですが、Menlo Securityのチームが最初から最後まで優れたサポートを提供してくれたためスムーズに統合できました。また、同社のエンジニアリングチームと開発チームも当社のフィードバックをすばやく取り入れ、効率的に機能の改善と追加が行われました。」

 

Menlo Securityのチームは今後も脅威に打ち勝ち、生産性を保護するのに不可欠なクラウドセキュリティプラットフォームを提供することに注力します。また、働き方に合わせたセキュリティを提供し、世界の大規模組織の多様な脅威の問題を解決します。この業界では、「ほぼ安全」で満足することはできません。インターネットを業務で利用する場合、それがブラウザ、メール、共有ファイルのいずれであっても、サイバー攻撃による影響や中断のないように保護することを現在はもちろん、2021年から先の未来に向けて弊社はお約束します。

 

 


 
プレスリリース:


Menlo Security、投資ラウンドで1億ドルを調達

 

Vista Equity Partners主導の投資ラウンドにより急増するセキュアWebゲートウェイ(SWG)とセキュアアクセスサービスエッジ(SASE)のソリューション需要に対応



カリフォルニア州マウンテンビュー(2020年11月12日) - クラウドセキュリティのリーダーであるMenlo Securityは本日、シリーズEで1億ドルの資金を調達し、同社の評価額が8億ドルになったことを発表しました。


この投資ラウンドは、エンタープライズソフトウェア、データ、テクノロジーの関連企業への投資を焦点とする世界有数の投資会社であるVista Equity Partners(以下「Vista」)が主導し、Neuberger Berman、General Catalyst、JP Morganなどの投資会社が支援しています。この新しい資金により市場がさらに拡大され、同社の製品開発が強化されるだけでなく、エンジニアリングへの投資の増加によって製品の提供と種類の拡大も加速されます。


 

あらゆる規模の企業がテレワークを導入し、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)に移行するようになり、フィッシングやランサムウェアなどの新しい脅威に対抗するためにセキュリティの再構築が進んでいます。従来の「検知と対応」アプローチでは、ユーザーや企業が必要とするセキュリティを提供できません。Menlo Securityの使命は、安全かつシームレスで効果的なインターネットの利用を実現することです。独自のアイソレーションコアに構築された拡張可能なMenlo Security Cloud SWGは、以下によりクラウドセキュリティの可能性を実現します。

 

    • 最も効果的なゼロトラストのアプローチによる攻撃の阻止

    • 安全で中断のないインターネット、SaaS、プライベートアプリケーションへのアクセスによるシームレスなエンドユーザー操作性

    • セキュリティ運用チームの業務の大幅な軽減

    •  

「今日の動的な脅威の状況に加え、IoTの急速な増加、複数の分散型ネットワーク構造、SaaSとクラウドベースのアプリケーションの普及などにより、安全なインターネット接続を提供することがこれまで以上に重要な課題になっています」と、Vista Equity Partnersのマネージングディレクターであるライアン・アトラス氏は述べています。「Menlo Securityのアイソレーションテクノロジーを中核にした独自のアプローチでは、Webとメールを悪用した重要な攻撃ベクトルをすべて完全に無効にすることができます。その優れた実行力を基盤として成長の次のステップを目指すMenlo Securityをパートナーとして支援できることは当社にとって大きな喜びです。」

 

「業務でインターネットに接続する場合、ブラウザ、メール、共有ファイル、SaaSアプリケーションを使用するため、これらの重要なビジネスワークフローが、攻撃者にとっては大きな標的になります」と、Menlo SecurityのCEOであるアミール・ベン・エフレイムは述べています。「弊社の使命は脅威に打ち勝ち、脅威を排除し、生産性を保護するために必要不可欠なクラウドセキュリティプラットフォームを提供することです。この新しい投資ラウンドとVistaチームとのパートナーシップのおかげで、弊社はビジネスのあらゆる側面で実行力を発揮し、ゼロトラストとSASEをベースにした導入展開モデルに移行する世界中のお客様のニーズに対応することができます。」

 

 

2020年の主な実績

「いまはこれまでにないほど不確実性とリスクに満ちた時代です。ランサムウェアやフィッシングなどのサイバー脅威の猛攻撃から企業を保護することはこれまで以上に重要になっています」と、JPMorganのプライベート投資部門責任者であるリック・スミス氏は述べています。

 

「Menlo Securityはアイソレーションを活用したクラウドセキュリティプラットフォームを通して世界のトップクラスの金融機関、政府、企業をこの問題から解放し、最高レベルのサイバー脅威ベクトルから保護することで独自の価値を提供します。」

 

新型コロナウイルス感染症による市場の不確実性にもかかわらず、Menlo Securityは優れた実行力を維持し、年間経常収支(ARR)は155%、年初来の平均取引規模は100%以上(前年同期比)増加しています。Menlo Securityのお客様には世界の大手銀行10行のうち7行、大手クレジットカード会社5社のうち4社をはじめ、世界有数のエネルギー企業や重要なインフラストラクチャ企業が含まれます。最近の注目すべき実績は以下のとおりです。

    • 米国国防情報システム局(DISA)とのクラウドベースインターネットアイソレーション(CBII)プログラムの5年間(1億9,890万ドル)の生産に関するOTA(その他の売買契約)をパートナーのBy Light Professional IT Services LLCとともに締結。By LightのCEOであるボブ・ドナヒュー氏によると、「この勝利はMenlo Security、DISA、およびそのミッションパートナーとの18ヵ月以上に及ぶ緊密な協力の賜物です。商用アプリケーションであるMenlo SecurityのグローバルクラウドセキュアWebゲートウェイ(SWG)を適合させることによって、インターネットをビジネスで使用する組織のために米国国防省の情報セキュリティ体制が改善されました。」

       

    • VMwareとのSWG、SASEの新しいパートナーシップ。Menlo Securityのクラス最高のSWGが新しいVMware Cloud Web Securityのサービスに統合され、クラウドアクセスサービスブローカー(CASB)、データ漏洩防止、サンドボックス、リモートブラウザアイソレーションの機能がVMware SASEソリューションにネイティブで統合されます。「VMware Cloud Web SecurityはVMwareが販売およびサポートする製品です。単一の管理インターフェイスと統合されたバックエンドの操作を特長とし、組織の規模を問わず導入と使用が容易に行えるソリューションです」と同社は述べています

Menlo Securityについて

Menlo SecurityはWeb、ドキュメント、メールからマルウェアの脅威を排除することによって、組織をサイバー攻撃から保護します。


Menlo Securityのクラウドベースのアイソレーションプラットフォームは、拡張性に優れており、あらゆる規模の企業に包括的な保護を実現します。エンドポイントソフトウェアは不要で、エンドユーザーの操作性にも影響しません。


Menlo Securityはフォーチュン500に名を連ねる企業と金融サービス機関を始めとする、大手のグローバル企業から信頼されており、Vista Equity Partners、Neuberger Berman、General Catalyst、Sutter Hill Ventures、Engineering Capital、Osage University Partners、American Express Ventures、Ericsson Ventures、HSBC、JP Morgan Chaseから出資を受けています。本社はカリフォルニア州マウンテンビューにあります。詳細については、www.menlosecurity.comをご覧ください。



Vista Equity Partnersについて

Vistaは累積投資額が580億ドルを超える世界有数の投資会社です。プライベートエクイティ、クレジット、パブリックエクイティ、パーマネントキャピタルを通したエンタープライズソフトウェア、データ、テクノロジー関連の組織への投資を専門に、投資家、企業、顧客、社員で構成されるグローバルエコシステムの利益のために永続的な市場価値の創出を目指しています。Vistaの投資は大規模で長期的な資本ベース、テクノロジー中心の取引構成の豊富な経験、実証済みの柔軟な管理手法による持続可能な成長を柱としています。Vistaはテクノロジーの変革する力がよりよい未来、より健康な地球、よりスマートな経済、多様で包摂的なコミュニティ、繁栄への道の拡大を実現する鍵であると信じています。詳細については、vistaequitypartners.comをご覧ください。


LinkedIn(@Vista Equity Partners) とTwitter(@Vista_Equity)のフォローをお願いします。

 

連絡先:

Mia Wilcox
Merritt Group for Menlo Security
(610) 564-6773
wilcox@merrittgrp.com

Dafna Tapiero
Vista Equity Partners
vista@laurelstrategies.com

 

 

 

Tags: funding, SWG, VPN Off load, VPN, secure web gateway, seamless business operations